teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


多治見のお祭りで

 投稿者:リー・モーイージャン  投稿日:2007年 4月15日(日)22時01分22秒
返信・引用
   はじめまして、今日多治見のお祭りで見ました。
 カッコよかったです^-^。
 とても楽しい演奏でした。
 大道芸のかたもすごかったです。

 これからも頑張ってください。
 
 

沁みついて離れない

 投稿者:90キロ突破  投稿日:2007年 4月14日(土)17時55分46秒
返信・引用
  帰り道、サーフトリップの1枚目をかけていたのだけれど、あれも派手で押しの強い音楽のはずなのに、ふと気づくと頭の中では「俺の部屋」が鳴っているのです。「俺の部屋」が沁みついて離れない。
多分、明日の1曲目を聞くまでこの状態が続くのでしょう。
 

こちらこそ!

 投稿者:鬼頭 哲  投稿日:2007年 4月12日(木)10時34分16秒
返信・引用
  星野さん、毎年お誘いありがとうございます!
さっそく訂正させていただきました。

今年も鬼頭ブラスをよろしくお願いします。(来年も再来年も)

http://www.kito-akira.com

 

杜の宮市よろしくお願いします

 投稿者:星野博メール  投稿日:2007年 4月 9日(月)19時03分43秒
返信・引用
  また今年も、杜の宮市、よろしくお願いします。
メールにありました杜の宮市のURLですが、
http://www.miyaichi.net
を見てください。

http://www.

 

ついに東京公演

 投稿者:なお  投稿日:2007年 4月 3日(火)05時04分10秒
返信・引用
  が決まりました。初関東進出ですね。
五月晴パレードの一週間後ということでバンドの勢いも加速まちがいなし!
今まで遠くていけなーいって思っていた人是非きてください。
知らないお客さんに会えるのがたのしみです。
 

次回公演「五月晴パレード」 !

 投稿者:鬼頭ブラス総務部メール  投稿日:2007年 3月10日(土)12時46分21秒
返信・引用
  日に日に、町のいたることろで蕾がゆるみはじめて
春の匂いと色彩が風景をにぎやかにしています、春です

さて、お待ちかね!
鬼頭ブラスの次回公演、5/26(土)「五月晴パレード」の詳細が決まりました。
http://kito-akira.com/brassband_schedule.html

お得で確実にご入場いただける前売券のご予約をお勧めします!
前々回の千種文化小劇場での公演では約250席の会場がほぼ満席、
盛況のために当日券販売ができなかったことを付け加えておきます。

ウェブ予約だとアラ簡単、ボタンひとつでチケットの取り置きが可能です。
メールフォームに必要事項をご記入、チケット種別をお選びいただき
送信ボタンを「ドーン!」と押すだけでかんたんに予約が出来ちゃいます。
http://kito-akira.com/brassband_ticket.html

なお、当日配布するプログラムへの協賛広告も募集中です。
また、当日の会場でお手伝いいただけるボランティアスタッフや
チラシ配布にご協力いただける方も募集中です。
お問い合わせはお気軽に、鬼頭ブラス総務部までどうぞ。

http://www.kito-akira.com

 

いましばらく

 投稿者:鬼頭ブラス総務部  投稿日:2007年 3月 7日(水)01時59分8秒
返信・引用
  > katuさん
はじめまして! 不時着の幸運に感謝します。
さて、5/26(土)のコンサートは現在最終調整中です。
会場はまだ明かせませんが、名古屋「栄」駅より徒歩2分の好立地!
開演は19:30の予定です。
今週末にもウェブサイト「schedule」ページで詳細をご案内いたします。
ウェブサイトからの予約もお受けできるようになる予定です。
メールサービスにお申し込みいただければ、最新情報がメールで届きますよ。
息子さんとぜひご一緒にどうぞー!

http://www.kito-akira.com

 

探したものは?

 投稿者:katuメール  投稿日:2007年 3月 6日(火)18時21分25秒
返信・引用
  名古屋に住むビッグ・バンド大好きオヤジ。名古屋のブラスをたずねてここに不時着。
息子(高1:フルート)を洗脳する為、5/26に親子で突撃の計画…。よって早めの情報を
宜しくっス!
なぜかセカンドネーム(苗字)が同じなんで…気になる、気になる。
 

これこれ

 投稿者:鬼頭 哲  投稿日:2007年 2月19日(月)19時54分21秒
返信・引用
  >ほぉるさん
申し訳ないが、ここではDVDの予約は受け付けておらんのだよ。
追ってHPの方に情報は載せる事になると思いますが、しばし待たれよ!

とにかく今回のDVD、予約・販売共にワシ達に言われても…なのである。
5月26日の「発売記念ライブ」会場でも、もちろん買えると思います。
そん時はサインぐらいするでよ。
 

DVDの予約

 投稿者:HALL OF SHAME  投稿日:2007年 2月19日(月)19時42分29秒
返信・引用
  とりあえず、3枚。予約します。
もう、今から楽しみです。

5/26は、出張が入らないことを祈るのみ。

4/14,15は、どちらか1日、出かけようと思います。
問題は、車だ。。。乗れるか!?!??

春だなぁ。。。
ほぉる
 

おまたせしました!

 投稿者:鬼頭 哲  投稿日:2007年 2月19日(月)16時25分54秒
返信・引用
  長江君、今更ながら正月の書き込みもありがとうね。

しばらく、お知らせも出来ずにいましたが、けっして「冬眠」していた訳ではありませんよ!
毎回、やる度に「ステップアップ!」を目指して準備をしてますんで、ちょっと時間がかかっちゃいましたけど(イイワケ)

是非、ご期待下さい!
 

ついに

 投稿者:長江  投稿日:2007年 2月19日(月)16時20分47秒
返信・引用
  ライブ&DVD情報来ましたね!
楽しみに待ってます!
 

おめでとうございます!

 投稿者:長江メール  投稿日:2007年 1月 5日(金)21時19分27秒
返信・引用
  今年も楽しみにしております!(`・ω・´)  

今年も

 投稿者:90キロ突破  投稿日:2007年 1月 2日(火)19時45分13秒
返信・引用
  ワクワク、ドキドキさせてもらえそうで、楽しみです。
願わくば、その真価を分析できる専門家だけではなく、素人にも楽しさと凄さが伝わる音楽であり続けてもらいたいものです。
 

あけましておめでとう

 投稿者:鬼頭 哲  投稿日:2007年 1月 1日(月)20時17分50秒
返信・引用
  今年もバリバリやるもんね!  

たしかに

 投稿者:鬼頭 哲  投稿日:2006年12月14日(木)03時03分33秒
返信・引用
  川合ケンさん<「ジャズしか聴かないヤツのジャズはつまらない」ってのは良く言われる話ですよね。
同様にラッパ吹きが、ラッパの入った音楽しか聴かないとか。「影響」じゃなくてタダの「勉強」になってるパターン。

直接は関係無さそうな事を自分のフィルターを通して表現に活かすことが「影響」ですもんね。

メンバー一同あらゆる事を「楽しむように」していこうと思います。
で、「あ~楽しかった」じゃなくて「なんで楽しいと思ったんだろう」って考える所から初めて「人を楽しませる」エンターテイメントは始るんですよね。
 

ハッタリとペテンと技術と情熱でエンターテイメント

 投稿者:川合ケン  投稿日:2006年12月13日(水)20時29分48秒
返信・引用
  そうやって、聞き手を別世界に連れていくのがプロ。
「思う壺」にはまりたくて人が集まるようになる、だろうなそのうち、このバンド。

メンバーの皆さんに
音楽だけでなく
歌舞伎や落語や吉本新喜劇とか松竹歌劇団とかの生ライブを経験してみることをお勧めします。
 

ハッタリとペテン

 投稿者:鬼頭 哲  投稿日:2006年12月13日(水)12時09分52秒
返信・引用
  川合ケンさん<いつもありがとうございます!

「今回のソロを吹くために、今までバンドをやってきたのではないかなと…」
さすがにソコまでは、って感じですけど、聴いた人に「意味」を勘ぐって「良かった・泣いた」って言ってもらえるのはウレシイですね~
っていうか「思う壺」
様々なマーケティングに基づいた「あざとい」作戦にまんまと引っかかりましたね?!←ウソ

早々に来年の予定も決めていきますので、次回も是非!泣かせます!
 

俺の部屋

 投稿者:川合ケン  投稿日:2006年12月13日(水)07時18分14秒
返信・引用
  「merry!!」お疲れ様でした。
ここ何年か感動しっぱなしで鬼頭哲ブラスバンドの演奏を聞いてきて、これまた今回の「俺の部屋」は良かった、泣きました。
鬼頭さんが一番表現したいコアな部分がこの曲の中にあり、今回のソロを吹くために、今までバンドをやってきたのではないかなと、予約特典の楽譜がこれの楽譜だった事からもそう思いました。
鬼頭哲ブラスバンドの素晴らしさは、老若男女国籍問わず、誰もが楽しめる要素を持った貴重な音楽だと思います。
これからも応援させていただきます。
頑張って下さい。
 

でもね

 投稿者:鬼頭 哲  投稿日:2006年12月13日(水)04時23分12秒
返信・引用
  長江さん・顕さん<そういった「目に見える」感じでの幅広い年齢層ってのがお客さんに居るってのはウレシイもんですよ。
お店の人も喜んでたし。

どうせそのうち制服も卒業するんだし、それまでは良いじゃん。
たぶん今はそれが一番しっくり来てるんだろうしね。
 

レンタル掲示板
/25